少年野球と学校行事との兼ね合いについて

目次

少年野球の練習は土日、祝日が中心ですが、チームによっては平日も練習していることがあります。
私が懇意にさせていただいている四国の強豪チームは、1年のうち、正月の三が日以外の“年に362日”練習するそうです。
少年野球チームの練習と言うのは、どこでもこういった状況なので、練習や試合の日が学校行事とぶつかることも日常茶飯事です。
特に多いのが運動会や学芸会といったイベントのバッティングで、時期的なこともあり公式戦とぶつかることがかなりあります。
また、単純に日程がぶつかるだけでなく、“1回戦・2回戦を勝ち上がった場合に限り、3回戦が学芸会とぶつかる”といった特殊なケースもあり、チーム関係者はみな頭を抱えています。

私のチームでは、大きな大会の準決勝が学芸会とぶつかり、学校を優先したことで不戦敗になったことがあります。
この時は、保護者の意見が“学校行事なのだから、学芸会に出て野球大会は辞退するのが当たり前”派と、“こんな大きな大会をせっかくここまで勝ち上がったのだから、みんな急病になったことにして準決勝に出る”派とで、真っ二つに分かれるというチームとしての大ピンチでしたが、最終的に私が結論を出して学芸会を選びました。

運動会

これは終日休めません。
観念して公式戦を別メンバーで戦うか、雨乞いしての雨天順延を祈りましょう。

学芸会

これも基本休めませんが、劇をやる場合には台詞の多い主役級にはなるなというのが鉄則です。
“通行人A”とか“街の人B”とかの、ほとんど台詞のない登場人物の場合、ずる休みをしても代役がすぐ立てられるからです。
合唱は基本的に休んでもわかりません。
合奏も、大太鼓などの一人で演奏する特殊な楽器を任されない限り、サボっても大丈夫でしょう。

授業参観(日曜参観)

これは大抵午前中に終わるので、監督に頼んで試合の時間変更をしてもらう努力をしましょう。
大会にもよりますが、学校行事と日程が重なった場合、大会本部・事務局に相談すると、時間変更・日程変更など色々と便宜を図ってくださる場合があります。

修学旅行

中学部の話ですが、全日本少年軟式野球大会という中学生で一番大きな大会の試合が、運悪く京都への修学旅行の日程と重なった中学校があり、その学校に通う3人は、試合が終わった後に保護者付き添いのもと京都に新幹線で向かい、無事同級生たちと合流したということがありました。
修学旅行代は倍近くになってしまいましたが、子供たちも親御さんも満足のいく結果となりました。

移動教室・林間学校・臨海学校

これは、大抵夏休みか平日に設定されていると思いますが、平日であれば問題ないと思います。
夏休みであれば、たまには野球を忘れて参加させましょう。
絵日記が野球の絵ばかりでは味気ないですから。
但し、羽目を外しすぎて怪我をして帰ってくる子がたまにいるので、充分注意してください。

まとめ

「野球ごときの為に学芸会とかをサボるわけがないじゃない!」と呟いている貴方。
中心選手に成長した息子さんがチーム一丸となって勝ち進んだ大会の決勝戦と、学校の学芸会の日程が重なった時に、もう一度このページをごらんください。
きっと、前とは違うことを呟くと思います。