ピッチングについて

目次

具体的なピッチング練習

小学生の“ピッチング”で求められるものは、まず“ストライクを取る”ことです。
よって「ピッチャーについて」(※リンク)の項でもお話しましたが、私のチームではストライクの取れる子をピッチャーにします。
ピッチャーの要素で最も重要なことは、“いつでも”“簡単に“ストライクが投げられることです。
私の監督経験を振り返ってみても“球が速いエース”がいた年よりも“コントロールが良いエース“がいた年の方が圧倒的に好成績を残すことができました。

ストライクを投げる練習

では“いつでも簡単にストライクを投げられる”ようになるには、どのような練習をすればよいのでしょうか? 安定してストライクを投げるためには、安定した投球フォームが必要です。
その為にはシャドーピッチング(鏡に向かって擬似投球する)が有効です。
詳しくは「ピッチャーについて」を参照してください。

コースを投げ分ける練習

投球フォームが固まってきたら、コースの投げ分けに挑んでみましょう。
まあいくら練習しても、小学生がすぐにマエケンやマー君のように“精密機械のような投げわけ”が出来るわけではありません。
但し、小学生に“インコースに投げろ”とか“アウトコースに投げろ”と指示を出すと、まず間違いなく手先でボールの行き先を操作しようとしますがこれはダメです。
たまたまそれが、うまく指示されたコースに行ったとしても、それは“まぐれ”と言います。

我がチームでピッチャーにコースの投げ分けを教える場合は、根拠を示して指導します。
ここではボーリングを例にとって、“同じフォームで投げられるようになれば、あとはアドレスで立つ位置を変えて投げればストライクもスペアも取れる”ことを理解させます。
そしてここから野球に頭を切り替えて、“ピッチャープレートを広く使う投球”を教えます。
右ピッチャーが右打者のインコースに投げる場合は、プレート板の右を踏んでから投げる。
右ピッチャーが左打者のインコースに投げる場合は、プレート板の左を踏んでから投げる。
といった具合です。
手先でこねくり回してコースを投げ分けるのではなく、同じフォームで投げ出しの位置から変えてしまうことで、コーナーワークを実現するのです。

高低を投げ分ける練習

“低めに投げられる”というのは、プロ野球でも好投手の条件です。
では、どうやったら低めに投げられるのでしょうか? 我がチームでピッチャーに高低の投げ分けを教える場合は、ボールを投げ出す“リリースポイント”を調整する必要があることを教えます。
具体的には右ピッチャーであれば、上げられた左足を着地するポイントを気持ちバッター寄りに踏み込むことでリリースポイントもバッター寄りに近づき、もともとの球道よりも低く投げられるはずです。
高めに投げたい場合は、その逆を実践します。
あとは投げ込みによって、その塩梅を確実に自分のものにする努力が必要になります。
試合中にピッチャーの投げるボールが高めに浮き出した場合にも、このリリースポイントのチェックを、ベンチからバッテリーに対して指示します。

タイミングを外す練習

ピッチャーのフォームに合わせて“1・2の3”のタイミングで待っていることが多い小学生のバッターは、そのリズムを崩されるとバッティングがあっけなく崩れます。
その為、“クイック”と言われる、速いフォームからの投球や、セットポジションの時に“セットしている時間を長くする”のも効果的です。
これらはいずれもバッターのタイミングを狂わせるばかりか、時には集中力を削ぐことも相乗効果として期待できます。

球速に緩急をつける練習

小学生は変化球禁止ですので、球種についてはストレートだけです。
但し球速に緩急をつけることで、その投球バリエーションが多彩になります。

  1. がんばって投げる速い球
  2. 普通に投げる球
  3. スローボール

この3つのコンビネーションだけでも、そう簡単に打たれないことは、わたしのチームで実証済みです。
(2)である程度低めに投げてカウントを稼ぎ、(1)を見せ球にして(3)で凡打に打ち取るとか、(3)を続けて眼を遅い球に慣れさせてから(1)で空振り三振を狙うなど、配球やコンビネーションのパターンはプロ野球と大して変わりません。
こうした座学ともいえる配球コンビネーションですが、上部大会を勝ちあがるような強いチームは、小学生ながらすでにミーティングなどで叩き込まれているということを最後に書いておきます。

まとめ

最近の子供は、ジャンクフードの食べすぎからでしょうか、体質の弱さが目に付きます。
そして、すぐに肘や肩を壊します。
昔では考えらなかった試合後のアイシングなどを施しているのにこの有様です。
“投げ過ぎ”は当然ダメですが、入団後にたった1球しか投げていないのに肩や肘を壊した子もいます。
怪我は痛いし、何より楽しくないです。
監督・指導者としては、“子供の怪我が恐ろしくてキャッチボールもさせられない”という状況になることすらあります。
6年生の卒団まで無事に楽しく野球ができるように、監督・指導者はいつも気を配っています。

星飛雄馬のように、鬼のような指導の下で練習し、剛速球でばったばったと三振の山を築くのは痛快でしょう。
でも、配球やコンビネーションで、のらりくらりと省エネ投法で凡打に打ち取っていく小学生の老獪なピッチングもまた痛快なものです。