少年野球情報

    少年野球のススメ

    小学校の頃クラスに必ず一人は『野球少年』という存在が居なかったでしょうか?
    体育の授業でハンドベースやソフトボールが始まれば一躍クラスのヒーローと化す野球少年。
    休日は近所のグラウンドで汗まみれ泥まみれの野球三昧でさわやかな青春を満喫する野球少年。
    そんな彼らを夢中にさせる少年野球についてこのサイトでは紹介していこうと思います。

    少年野球とは

    少年野球は一般的に、小学生の行う軟式野球を指すことが多いですが、本来は「学童野球」が正しい呼称であり、全日本軟式野球連盟の正確なカテゴリーとしては「少年野球」は中学生が対象です。軟式野球は日本発祥であり、世界的には極一部の国でしか普及していないため、海外では基本的に中学校以下の年代より硬式で行われているそうです。
    また、日本体育協会は少年スポーツについてスポーツを通じた心身の健全育成を第一目標としており、スポーツ少年団とその団員および家族などに、次のような社会活動へも積極的に参加するよう呼びかけています。

    ・団員相互・親・地域住民との合同活動
    ・地域住民とのコミュニケーション向上を目的とした活動
    ・地域の事業・行事への積極参加
    ・町内清掃などの奉仕活動

    このように、日体協としては勝利が全てではないといった啓蒙活動を続けています。

    硬式野球・準硬式野球・軟式野球の違い

    硬式野球(こうしきやきゅう)は、コルクなどを素材に使ったボール(硬式球)を使用した野球競技のことであり、硬式野球の他に日本国内で誕生した軟式野球・準硬式野球が存在するが、野球という場合は通常、硬式野球の事を示します。

    準硬式野球(じゅんこうしきやきゅう)は、硬式球と軟式球の中間のような球を使う野球であり、ルールは硬式野球ど同様です。準硬式野球のボールは正式には軟式H号ボールと呼ばれ、硬式球とほぼ同じ中身で、外側の表面が軟式球と同じ天然ゴムでできています。軟式H号ボールの直径は一般的に軟式ボールと呼ばれる軟式のA号ボールと同じです。

    軟式野球(なんしきやきゅう)は、コルクなどを使用した硬球とは違い、ゴム等をボールの素材に使った野球競技のことで、日本が発祥の競技です。

    少年野球の問題点

    上記のとおり少年野球では社会活動への参加も行うよう取り組んでる一方、現実には様々の問題が存在しています。以下に挙げるのはその一例です。

    指導者の問題

    学童スポーツ共通の問題として、勝敗に固執するあまり「スポーツを通じた心身の健全育成」の目的を大きく逸脱した指導者も珍しくありません。
    およそ叱咤激励とはかけ離れた罵声を浴びせるなど、学童スポーツの大会会場に出向けばしばしば目にする光景です。また、学童期の心身の事や、ケガ・熱中症などに関わる知識不足及び不注意のために、選手に故障を多発させたり、あるいは最悪の場合には死亡事故を招く例もあり憂慮されています。日本体育協会もこの事は大きく問題にしているようで、スポーツ少年団認定指導員養成講座では、テキストの6割以上ものページをこれらの事に割いて注意を促しています。しかし、スポーツ少年団組織にて活動していないチームの指導者には、この講座の受講義務はなく、前述のような問題が発生する場合があります。ただし、当該講座の受講者全員が、この受講経験を、実際の指導現場で十分に留意して指導にあたっているかには様々な意見があり、一概に「受講者=優秀な指導者」とも言えないようです。一方「非受講者」の中にも当然、優良な指導者も数多く存在する。正に玉石混交の様相を呈している。なお、過去の裁判例において、練習及び試合中に発生した事故について明らかな過失が認められた場合には指導者責任が問われたケースがあり、たとえ「どんな事故が起っても絶対に訴えません。」等という事前の免責同意書を少年達の親からとっていたとしても、このような同意書は民事第九〇条の公序良俗違反で無効とされます。

    悪質な指導者の言動の例

    〇保護者の問題

    学童スポーツの世界にも、優良な指導者などに対して無理難題を要求する所謂モンスターペアレンツのような保護者が存在します。具体的には「なぜうちの子は使われないのか」等の選手起用に関する苦情や、「あの場面ではスクイズだろう」といった采配面でのクレーム、また、勝利至上主義的な要求をするなど様々です。こうした保護者の存在は指導者の行動、思考にも少なからず影響を与えるため、前述の「指導者の問題」は指導者個人の資質以外に、こういった保護者の存在が内包されている事を一因として発生するケースがあります。こういった者は指導者に対し、「どうせ好きでやっているんだろう」との思い込みから、「子供の面倒を見てもらっている」という感謝の念の欠如や、「自分の子の事は誰よりもよく分っている」といった思い込みにより、「当該スポーツに関しては、指導者と過ごす時間の方が、親と過ごすそれよりも圧倒的に多い」という事実が思考から欠落している事と「指導者はあらゆる要素を考慮して行動する」との視点を持たないために、ある一面のみを大きく問題として取り上げ、チーム全体の和を乱すような言動をとる。このような保護者の存在は、指導者などの意欲を大きく削ぐ原因となる事もあります。また、自分の競技経験から来る思い込みにより、大人と学童スポーツとを混同し、その違いを理解していない事を原因とするケースも見受けられます。

    悪質な保護者の言動の例