ゴロの捕球練習は野球の基本

top画像
記事の目次

野球チームに入団したちびっ子に対して、私のチームで最初に教える野球の基本は、ゴロの捕球についてです。キャッチボールよりも先に、まずゴロの捕球から教えます。

ゴロの捕球練習(初級編)

入団したてのちびっ子というのは、大抵の子が、まだグローブで捕球するというレベルに達していません。そこで、まずは素手でゴロを捕る練習からはじめます。

ゴロを捕球する基本は、まず“ゴロの正面に入る”ということです。最初のうちは“カニさん歩き”のような“横這い”でも構わないので、とにかく飛んできたボールに対して何が何でも正面に入る練習を繰り返します。

腰を落として捕る”というのも、ちびっ子にとって難しい動きです。踏ん張って捕るほどの筋力がまだついていないちびっ子は、どうしても捕球時にお尻が落ちてしまいます。“ウンチングスタイル”というやつです。ここでは、ボールに対して正面に入り、きちんと止まった上で手を出せれば(捕れなくても)合格とします。

ゴロの捕球練習(中級編)

ゴロに対して正面に入ることができるようになったら、いよいよグローブをはめましょう。次は捕球位置です。

ここでは、おおよそおへその真下で捕球できるように練習します。
また、捕球の姿勢としては膝を折って腰を落として捕るのが正しいのですが、あまりお尻を落としすぎると送球時に余計な時間がかかるので、中腰で捕れるように鍛えます
捕ってから投げるまでの、流れるようなリズムを学ぶのもこの時期です。
少年野球といえども、内野手の“かっこいい”動きは魅力的です。美しいスローイングというのは、ただ単に美しいだけではなく“理にかなっている”のです。無駄のない動きで確実に捕球し、コンマ数秒でも早く1塁に送球する。それを追い求めた結果が“美しいスローイング”となっているのです。

よって、わたしのチームではこの時期から“形”にこだわります。
捕球体勢における足の出し方は、グローブを持っているほうの足(左手にグローブをはめている場合は左足ということ)を前に出して捕ります。その方が捕った後に投げやすいので、実際に試して見るとよいでしょう。

“捕ってから投げる”という、一連の動きについてのイメージトレーニングも大事です。私のチームでは、試合中のインターバル(投手が球を投げた後、次の球を投げるまでのインプレーにおけるちょっとした時間や、イニングの変わり目などのボールデッドと呼ばれる時間)のあいだ、内野手はずっと“エア”スローイングをしています。自分のところに飛んできたらどんなスタイルで捕球して、どんなフォームで1塁にスローイングするかをイメージして擬似キャッチ&スローをしておくのです。これは体のウォームアップや精神の集中にも繋がると同時に、傍から見た場合、そのチームが“お遊び集団”ではなく“戦う集団”として躍動しているように映ります

ゴロの捕球練習(上級編)

さあ、高学年になりゴロを捕って投げる姿も様になってきたので、次のステップに進みましょう。

バウンドを合わせる

少年野球のグランドは硬いので、よくボールが跳ねます。そのために必要な技術は、“バウンドを合わせる”ことです。バッターが打った瞬間に、“どのようなバウンドで自分が処理しなければならないか”を判断できなければなりません。これは一朝一夕で身につくような代物ではなく、それこそノックを打ってくれるコーチの協力があって初めて身につく技術(感覚)です。

前に出て捕る

次に必要な技術は、“前に出て捕る”ことです。ボテボテゴロの多い小学生の野球において“待って捕る”はタブーです。小学生内野手の弱い肩では、ほぼ内野安打になってしまうからです。ライナー以外の場合、打った瞬間から前に出るという感覚(センス)を、これもノックによって養います。

グローブを立てて捕る

上級編として、さらにもう一つ必要な技術をあげるとすれば、“グローブを立てて捕る”ことです。特に土のグランドにおいてはイレギュラーバウンドが多くなりますが、イコール“トンネル”が多くなります。膝が硬く腰の位置が高い小学生の試合では、グローブの下を打球が抜けていく“トンネル”シーンが頻発します。ところが、このように“寝ている”グローブでは下を抜けてしまう当たりも、グローブを立てていればほとんどの場合グローブで止めることができます。巨人の坂本選手や広島の菊池選手の手元に注目すると、常にグローブを立ててボールに対応していることが良くわかります。但し、彼らのように“グローブを立てて”“華麗に”捕球するためには、相当な手首の柔らかさが求められるので、この練習は自宅でこつこつ努力したい部分になります。

まとめ

ホームランをかっ飛ばすのも野球の魅力ですが、内野手の間を抜けそうなヒット性のゴロを鮮やかに捌くプレイも美しいものです。
プロ野球選手の無駄のない動きを見て学ぶもよし。自分で鏡を見てスローイングの形をチェックするもよし。

息子さんが“第二の坂本”や“第二の菊池”に成長できるように、ご家庭でも応援していきましょう。

この記事をシェアする