フィルダースチョイスが発生するタイミングとスコアの付け方

top画像
記事の目次

本格的な野球場に行ったことがある人なら、スコアボードに「H」「E」「Fc」という3つのランプが並んでいることに気付くでしょう。
これは、公式記録員が球場内の全員に対して、その時起きたプレーがどう記録されるかを発表しているのですが、「H」はヒット、「E」はエラーまではわかっても、「Fc」がフィルダースチョイスを表わしていることを理解するには、ある程度時間がかかるでしょう。

では、このフィルダースチョイスとは一体どういうプレーなのでしょうか?
フィルダースチョイスは直訳通り“野手選択”のことで、TV中継の打撃成績表示や新聞の打撃成績欄には“野選”と略して表現されます。
これは、簡単にいうと“野手があれこれ悩んだ挙句、バッターランナーも含めて全部セーフになってしまった”場合のことを指します。
打者から見ると“そのおこぼれに預かった”わけなので、エラーによる出塁と同じように、打率が落ちることになるのです。

※但し、野手がフィルダースチョイスを犯さなくても、明らかに内野安打になるような状況であれば、公式記録員が「H」を選ぶ場合もありますので注意してください。これは公式記録員の裁量となります。

発生タイミング

“野手選択”については、公認野球規則2.28で定義されています。

  1. フェアのゴロを扱った野手が、バッターランナーを一塁でアウトにする代わりに、前を走るランナーをアウトにしようとして、他の塁に送球する行為。
  2. 野手が前を走るランナーをアウトにしようとして他の塁へ送球する間に、安打を打った打者が余分に進塁した場合。具体例としては、ランナー一二塁で打者がライトへヒットを打った場合で、二塁ランナーがホームへ向かい、ライトはこれを刺そうとバックホームした。そして、この送球の間に一塁ランナーは三塁に到達した。この場合、一塁ランナーの三塁への進塁はライトのフィルダースチョイスとなります。
  3. 自分以外のランナーをアウトにしようとして、野手が他の塁へ送球する間に、ランナー(自分)が盗塁やエラーによらずに、余分に進塁した場合。具体例としては、ランナー二塁でバッターがセンター前ヒットを打った場合で、二塁ランナーが三塁を回ってホームへ向かった。センターはバックホームしたが、この間にバッターランナーは二塁へ到達したというケース。これは打者の記録には残らず、センターのフィルダースチョイスということになります。
  4. 盗塁に対して守備側が無関心で何も守備を行わないために、ランナーが進塁した場合。これ.は大量の点差が開いた場合等、守備側が“どうぞ盗塁してください”と無警戒状態になった場合のことを指しており、もともと“盗塁”は“盗む”から“盗塁”であるわけで、“どうぞ”の場合はフィルダースチョイスになるということです。

1は野手の行為そのものを指しており、2、3、4の場合は、バッターランナーまたはランナーの進塁を、記録上の用語として“野手選択による進塁”といいます。

スコア表記

仮にサードがセカンド送球においてフィルダースチョイスを犯した場合、スコアブックの当該箇所には「FC5-4」などと書きます。
これが送りバントだったり、盗塁が絡んだりすると、また非常に厄介な表記となりますので、監督など指導者に確認してください。

まとめ

フィルダースチョイスについて、理解できたでしょうか?
「あぁあれはフィルダースチョイスよ」
と涼しい顔で他のお母さん達に説明できたら、かっこいいと思いませんか!

この記事をシェアする